JAGATARA  「それから」 一

2013年10月3日 Posted by seki

1.「TABOO SYNDROME――いっちゃいけない症候群――」

JAGATARAが遂にメジャーデビューした第一弾アルバム「それから」(1989年)。

大きくうねるファンキーでアフロな味わいのあるビートが心地良い「TABOO SYNDOROME――いっちゃいけない症候群――」は当時の江戸アケミの危うい状態をストレートにぶつけたナンバーのように思います。

「今日もここまで来たのさ(別にあてなどないけど)
今日もここまで来たのさ(別にあてなどないけど)
そのセリフだけは言っちゃいけない(言っちゃいけない言っちゃいけない)
そのセリフだけは言っちゃいけない(言っちゃいけない言っちゃいけない)
そのセリフだけは言っちゃいけない(言っちゃいけない言っちゃいけない)
そのセリフだけは言っちゃいけない(言っちゃいけない言っちゃいけない)
お前がオレを愛してないことぐらい判っちゃいるけど
オイラにゃとてもお前なしじゃ生きていけない、
お前なしじゃ生きていけない、
お前なしじゃ生きていけない、
お前なしじゃ暮らしていけない
いそいそ出かけて、
いそいそぶらぶら出かけて、
いそいそ出かけて、
いそいそぶらぶら出かけて今日はどこまで行ったやら
やることなすことうまくいかない(そんなことないそんなことない)
やることなすことうまくいかない(そんなことないそんなことない)
やることなすことうまくいかない(そんなことないそんなことない)
やることなすことうまくいかない(そんなことないそんなことない)
あぶくぜにをつかんだ日には酒と女で夜がふける、
目がさめたら元のもくあみ、
目がさめたら元のもくあみ、
目がさめたら元のもくあみ、
目がさめたらベッドにゃオレ独り
オレはダウンダウンダウンダウンダウンダウン、
オレはダウンダウンダウンダウンダウンダウン、
オレはダウンダウンダウンダウンダウンダウン、
オレはダウンダウンダウンダウンダウンダウン
おっとあぶない近づいちゃいけない、
おっとあぶない近づいちゃいけない、
おっとあぶない近づいちゃいけない、
おっとあぶない近づいちゃいけない、
ころんだひょうしに思わず手を見りゃクソをつかんで運のつき
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない
とてもヘンピな気分さ(その気持ちおさえられない)
とてもヘンピな気分さ(その気持ちおさえられない)
とてもヘンピな気分さ(その気持ちおさえられない)
とてもヘンピな気分さ(その気持ちおさえられない)
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけない、
そのセリフだけは言っちゃいけないんだってば」

このナンバーは病的です。心が病んでしまつた江戸アケミの心理状態が直截な表現でゆったりとしたファンキーなビートに乗せてぶちまけている作品です。

そこまで、追い込まれていた江戸アケミは、しかし、ビートの力を信じていたかのように、とんでもない歌詞を何食わぬ顔で歌っていると思われ、ある意味でこのナンバーは深い悲しみに満ち溢れた歌世界が広がっています。

「お前なしじゃ暮らしていけない」と悲痛な叫びを歌にした江戸アケミは、メジャーデビュー作にして既に身心がボロボロだったことをうかがわせる、江戸アケミの心の内がよく分かる貴重なナンバーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です