Cake – Perhaps, Perhaps, Perhaps

2014年5月20日 Posted by seki

今回は、Cakeの「Perhaps, Perhaps, Perhaps」をご紹介いたします。

キューバのオスバルド・ファレスが1947年に「Quizas, quizas, quizas」として発表したのがオリジナルで、

ロス・パンチョスというラテン音楽グループがカバーを発表し多くの人に親しまれるきっかけに。

その後ドリス・デイやナット・キング・コールといった著名アーティスト達が英語でのカバーを発表し、

英語圏でも幅広く知られる曲となりました。

「Quizas, quizas, quizas」と「Perhaps, Perhaps, Perhaps」は日本語に訳すといずれも「たぶん、たぶん、たぶん」

という意味になり、

1996年にリリースされたこのCakeのバージョンはそれまでのアーティスト達の明るめの曲調とは違い、どこか物悲しげな雰囲気が漂っています。

「ハッキリと伝えてくれない」というのがこの曲の持つテーマではありますが、男女の関係をテーマにすることも多い

Cakeだからこそのカバーといえるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です