SMAP-「夜空ノムコウ」

2017年1月15日 Posted by seki

本日の一曲は偶然にも1998年1月14日、今日の前日に発売され、SMAPの27作目のシングル曲にて初のミリオンセラーを記録した代表曲の一つ「夜空ノムコウ」です。

作詞を担当したのは日本を代表するシンガーソングライターであり、音楽プロデューサースのスガシカオ氏でしたが、当時は駆け出しで、まだ有名になる前でした。

なので、ある意味で貴重な歌詞と言えますが、それを差し引いてもシンプルな曲調に溶け込み、思わず口ずさんでしまう印象的な歌詞があって、この楽曲は成り立っていると言えるでしょう。

まるで雪が降り積もる様なシンプルなメロディーから始まり、冒頭から曲を聞いている「今」から少し時を置いた「未来」か、それとも「今」から「過去」を見ているのか、まるで問いかける様な言葉で、一気に引き込まれるのです。

プロモーションビデオはメンバーが寒空の歩道橋の上で歌う構成になっており、アコースティックギターを主体にメンバーの口笛が流れるという曲と合わさり、どこか切なさを感じさせる「冬」のイメージを容易に連想させます。

作詞を担当したスガシカオ氏に限らず、数多くのアーティストもカバーしており、音楽の教科書にも採用され、SMAPが国民的アイドルグループと認識される要因にもなりました。

SMAP-「君色思い」

2017年1月6日 Posted by seki

本日も先週に引き続き、SMAPのベストアルバム「SMAP 25 YEARS」に収録されている一曲を紹介します、選んだ理由は個人的に思い出深いので。

この楽曲が発売されたのは1994年1月1日、めでたい日付な上に11枚目のシングルと1が多いです、また、この曲はテレビ東京系アニメ「赤ずきんチャチャ」のテレビ版のオープニングテーマを飾っていました。

今でこそアイドルがアニメの主題歌を歌う事は珍しくありませんが、当時は珍しかった上にSMAPのメンバーだった香取慎吾氏がメインキャラクターの一人を演じていたのです。

原作こそ完全なギャグ漫画でしたが、アニメではギャグを残しながら、当時の主流だった変身やアイテムを駆使して悪と戦うストーリーに夢中になった記憶があります。

もちろん、最終回まで一度も変わらなかったSMAPの曲が大好きだったのもあります、聞いている人を励ます様な歌詞と、軽快なリズムを今でも覚えています。

初めて覚えたアイドルソング、という意味でも思い出深い一曲です。

SMAP-「オリジナル スマイル」

2016年12月29日 Posted by seki

161228_131817

2016年12月26日、フジテレビ系列にて1996年4月から放映がスタートした人気アイドルグループ「SMAP」の冠番組「SMAP×SMAP」が最終回を迎えました。

この最終回に至るまでに紆余曲折があり、グループも年内で解散が決まり、今も様々なテレビ番組でSMAPの今後について取り上げられています。

そんな時だからこそ、今までも紹介してきましたが、彼らの曲を紹介していこうと、2016年12月21日に発売された25周年記念アルバムであり、6枚目のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」に収録されている中から個人的に選んだ曲を並べていきたいと思います。

まず最初の一曲は1994年6月6日に発売された13枚目のシングルであり、大塚製薬のオロナミンCドリンクのコマーシャルソングです。

今から22年前の曲なので、メンバーのハツラツとした雰囲気が伝わってくる一曲です、また最終回の放送時のCM中にSMAPが過去に出演していた「ソフトバンク」の映像をまとめた特別篇のBGMに起用されたのが、この曲でファンの方々にとっても印象深い一曲だと思い、1番目に選びました。

小田和正-「たしかなこと」

2016年12月24日 Posted by seki

本日は「クリスマス・イブ」なので、クリスマスらしい楽曲を紹介しようと思ったのですが、日本が誇るニューミュージックシンガーであり、シンガーソングライターで音楽プロデューサー。

ついでに私が尊敬するアーティストの一人である小田和正氏が様々なアーティストと作り上げる番組「クリスマスの約束」を見て、その中で特に印象に残った一曲をどうしても紹介したくなったのです。

この楽曲がシングルとして発売されたのは2005年5月25日、個人での通算23作目のシングルで、明治安田生命の企業コマーシャルソングでもあります。

また、日本のプロ野球選手を経て監督となった星野仙一氏のドラマスペシャルの主題歌にも起用された事があります。

シンプルなギターに合わせて、彼の透き通る様な歌声で愛する人の為に何が出来るか、ずっと愛していられるか、守っていけるのか、そんな不安と切なさを紡ぎだし、それでも同じ時を生きて、ずっと傍にいると力強い歌詞を歌い上げる一曲に仕上がっています。

桑田佳祐-「君への手紙」

2016年12月14日 Posted by seki

本日は今年の7月に投稿した記事にも書きましたが、念の為に曲を紹介する前に桑田佳祐氏について説明します。

彼は日本を代表するロックバンド「サザンオールスターズ」のリーダーであり、ボーカルとギター、作詞、作曲、更に編曲等も手掛け、現在はソロ活動、シンガーソングライターでもあります。

そんな彼が個人名義で発表した新曲が今日の一曲「君への手紙」です。

最初はアコースティックギターの音色に合わせ、しっとりした歌いだしになっています。

ですが、途中から重厚な音が重なり、彼独特の力強い歌声で、タイトルの様に相手への想いを手紙に綴る様なバラードに仕上がっています。

また、動画サイト「YouTube」の公式チャンネルで公開されているミュージックビデオでは、キーワードである「手紙」が何度も登場します。

シングルが発売されたのは2016年11月23日、その日は日本の語呂合わせで「いいふみの日」だったのです。

また、表題曲はお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村氏が主演の映画「金メダル男」の主題歌、またWOWOW開局25周年のコマーシャルソングにも起用されました。

星野 源(ほしの げん)-「恋」

2016年12月8日 Posted by seki

本日の一曲は、新垣結衣氏が主演の火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌です、歌っているのは同ドラマに俳優として出演している星野 源(ほしの げん)氏。

このドラマは、海野つなみ氏の日本の漫画が原作で、ある事情で無職になってしまった新垣結衣氏が演じる森山みくりが、新たに得た仕事先で出会った星野源氏が演じる津崎平匡に「就職としての結婚」を持ち掛け、2人は「契約結婚」をするのです。

そんなドラマを飾る主題歌を歌う星野氏は俳優でありながら、シンガーソングライター、文筆家と多彩な才能を持ち合わせたマルチタレントです。

そんな彼が歌い上げるのは、和風を思わせるリズムから一変して、軽快なヴァイオリンとピアノを中心とした「恋」の歌です。

ドラマを連想させるキーワードが幾つも登場しており、聞いていると恋をしたくなる、そんな一曲です。

因みに、この歌が話題になったのはドラマのエンディングで出演者が曲に合わせて踊るダンスが「恋ダンス」と呼ばれ、動画サイトで人気を博したからです

発売されたのは2016年9月20日、忘年会の余興に覚えてみるのもいいかもしれません。

AKB48-「ハイテンション」

2016年12月1日 Posted by seki

12月に入り、今年も残すところ後わずか、これから大掃除に年末年始など忙しい事もありますが、クリスマスや忘年会などのシーズンでもあります。

そんな本日の一曲は、大人気アイドルグループ「AKB48」の46枚目のマキシシングル「ハイテンション」の表題曲です。

ファンの方なら既にご存知の方もいるでしょうが、この楽曲は2016年12月31日にAKB48の活動を終える島崎遥香さんのAKB48としてのラストであり、ラストセンターを飾る曲です。

タイトルからしてテンション高め、動画サイト「YouTube」の公式チャンネルで公表されているテーマ「ぱるるマジック」に相応しく、ミュージックビデオでは彼女が指を鳴らす「指パッチン」を合図にメンバーだけでなく、エキストラの人々がハイテンションに踊りまくります。

鋭いギターやベースサウンドを飾る様に、ノリの良い音楽が合わさり、これで踊らないと損だと思うような歌詞が合わさり、正に「ハイテンション」な一曲に仕上がっています。

ハシグチカナデリヤ hugs The Super Ball-「Rin!Rin!Hi!Hi!」

2016年11月27日 Posted by seki

本日は音楽番組でランクインする様なメジャーではありませんが、個人的に本当に大好きなので紹介したい一曲です。

この楽曲が流れているのは、日本の漫画「ナンバカ」を原作としたテレビアニメ「ナンバカ」のオープニングです。

舞台は日本のとある孤島にありながら、その場所も存在も最高機密扱いされ、かのアルカトラズ刑務所も隙だらけと言う日本最大にして世界最高水準のセキュリティーを持つ「南波刑務所」。

物語は、刑務所の最奥に位置する「13舎13房」に捕らわれている囚人、通称「ウノ」、「ジューゴ」、「ニコ」、「ロック」の4人が日常的に繰り広げる脱獄とおふざけ、そんな彼らを監視、時に実力行使で捕まえる看守達のドタバタを描いています。

時にシリアスもありますが、基本的にギャグで楽しめる様に内容になっており、そんなアニメのオープニングテーマを飾るのは「多重録音ライブ」で音楽マニアを驚かせた「孤高の天才」と呼ばれるハシグチカナデリヤと「2.5次元型ツイン・ヴォーカルユニット」の二人組のユニット「The Super Ball」です。

楽曲が発売されたのは2016年10月19日、ループするギターサウンドに疾走感のあるロックナンバー、ノリも良く、正に「バカ騒ぎ」という言葉がピッタリな歌詞もあり、一度聴いたらクセになる一曲になっています。

安室奈美恵-「Fighter」

2016年11月15日 Posted by seki

本日は前回の「Dear Diary」と同じシングルに収録された同じくA面、映画「デスノート Light up the NEW world」の劇中歌であり、動画配信サービスサイト「Hulu」で公開された前日譚「デスノート NEW GENERATION」の主題歌を紹介します。

このドラマは映画と同じキャストで、内容は映画の主人公達とも呼べる「3人の天才」が、映画の物語へ至るまでを描いています。

捜査官の三島が主役の「新生」、「L」の後継者で世界的名探偵の竜崎が主役の「遺志」、そして月こと「キラ」を崇拝するサイバーテロリストの紫苑(しえん)の「狂信」という全3話構成になっています。

そして、先週の「Dear Diary」がバラードだったのに対し、此方は非常に動きのあるダンスナンバーなっています。

タイアップという事もあり、この楽曲は10年前に「第二のキラ」として現れ、月を愛したアイドル「弥 海砂(あまね ミサ)」の目線から描かれているそうです。

ですが、そうした背景を知らなくともキレのあるリズム、雄々しくも聞こえる歌声によって一つの曲として完成されています。

安室奈美恵-「Dear Diary」

2016年11月10日 Posted by seki

本日は2016年10月29日公開された映画「デスノート Light up the NEW world」の主題歌を紹介します。

この作品は週刊少年ジャンプで連載されていた漫画「デスノート」の実写映画で、舞台は「キラ」こと藤原竜也氏が演じた「夜神月」の最後を描いた映画「デスノート the Last name」から約10年後の世界。

スピンオフを含めた3作の正当な続編であり、漫画の原作者である大場つぐみ氏のアイディアも組み込まれ、人間界に存在する6冊のデスノートを「3人の天才」が中心となり、奪い合うのです。

そんな本作の主題歌を手掛けるのは、同じく「アムラー」なる社会現象を巻き起こした日本の女性歌手であり、ダンサーでもある安室奈美恵です。

単独では46枚目の両A面シングルで、発売は10月26日、映画とのタイアップ曲で、内容はしっとりとしたバラードです。

しかし、緩やかなリズムながら、彼女の歌声が合わさり、世界に愛や平和が訪れる事を祈っている様に感じる一曲です。